悲しい現実~ハゲは男性だけでなく女性の方がもっと辛いものがあります。

私は正直20代~30代中頃までは、正直ハゲている男性を見てかわいそう、付き合いたくないタイプと全く恋愛対象からはずしていました。

所が私自身が30代中頃から薄毛になり、前髪がだんだんすだれ状態になり、頭頂部の地肌が薄く見えるようになりました。

頭皮ブラシ40代になり本格的に育毛剤やシャンプーを変えて育毛に励んだのですが、なかなか髪の毛は増えてきませんでした。毎日髪の毛を洗った際、大量の髪の毛が排水溝にあったり、梳かした際に洗面台に抜け毛が落ちているのを見て自分でも悲しくなります。

私は女性ですので男性よりも悩みは深刻でした。今現在も育毛剤を使用していますが、やはり増えた感じはありません。

45歳を過ぎた頃には、ウィッグ購入を考えるようになりました。オークションで安く手にいれたり、ネットでウィッグを購入しています。普段は仕事をしてないのでそのままでウィッグを被る事はないのですが、出かける時はハーフウィッグを被るか、人と会う大事な時にはフルウィッグを被るようにしています。

自分が実際にハゲになって思ったのは、ハゲている男性も人それぞれ考えは違うと思いますが、色々悩んで気にしている人もいるのだろうと気付かされました。またハゲている男性も同じ悩みを共有し合えると恋愛対象にもなりました。

これからウィッグにお金がかかると思うと、本当に悲しい現実です。歳をとっても髪の毛がフサフサの人を見ると羨ましいです。

髪の毛を生やすには元となる栄養が必要です