高校受験のストレスでハゲてしまった女子中学生

ハゲというと、中年の男性をイメージしていました。女性はホルモンの関係で、年を取ると薄毛になっても、ハゲというイメージはありませんでした。

でも、友達が高校受験のストレスでハゲてしまいました。女の子で、しかも中学生です。とてもショックでした。年齢や性別に関係なく、ハゲてしまう事を知りました。

stockfoto_64921629_Sその子は我慢強くて、そのまま登校していて、胸が痛くなりました。イジメの原因にはなりませんでしたが、陰口を言っている人もいました。受験した高校に合格すると、徐々に髪の毛が生えてきました。やはり、ストレスが原因だったと本人から聞きました。

髪の毛が生えて、彼女が元気になって、本当に嬉しかったです。私もハゲる事はありませんが、ストレスが溜まった時には、抜け毛が多くなります。遺伝が原因では無く、ストレスもハゲの原因になると言う事は、誰にでも可能性がある事です。

ストレスを溜めないように人に相談したり、心療内科に受診する事も大切だと思います。薬でストレスによる症状が治る場合もあります。

小学校や中学校に、精神的なケアをしてくれる専門医が居てくれたら良いと思います。
子供もストレスを抱えているので、大人が見守って気付いてあげる事が必要だと思います。

ポリピュアexは、安いので定期購入しています

指摘されている友達が気の毒だった

私にはA子とB男という2人の幼馴染がいます。

小学生のころからとても仲が良く、大学生になった今でもよく3人で出かけます。A子はB男のことが気になっていて、私はそれを応援していました。B男もその時からA子のことが好きだったみたいですが、私たちはそのことを知りませんでした。

stockfoto_51322012_Sある日、私たちは3人で海に行くことにしました。スタイル抜群のA子は絶好のチャンスだと私たちは大盛り上がり。B男の運転だったので、助手席をA子に譲り、私は後ろから2人の微笑ましい様子を観察していました。

そして海に到着し、早速水着に着替えました。私はスタイルにまったく自信がなかったので、あまり露出しない水着でしたが、A子はかなり攻めていたと思います。私はA子とB男を何とかくっつけようと思い、B男に「あ!B男、見てよ!A子スタイルすごい良くない?!水着着ると余計にスタイル良く見えるよね~!」とA子の水着姿に注目させる作戦にでました。

すると照れたB男がとんでもないことを言い出したのです。
「背中のムダ毛以外は完璧なのにな、詰めが甘いよ!」

私はフォローすることもできず、A子の顔も真っ赤に。女の子ってムダ毛のこと突かれると、一番心にグサっときますよね。

それから家に帰って背中を見てみると、私もまったく処理できていませんでした。腕やワキはいいとして、背中って見えないし届かないからつい見逃しがちですよね。

ちなみに2人は後日別のイベントにてお付き合いしました。A子とはあの一件以来、全身脱毛のキャンペーンがやっていないか、情報交換しています。

口コミでも背中脱毛している人は少なかったです

専業主婦になってから

結婚前、仕事をしていた頃から脱毛には興味があったのですが料金も高そうだし、周りは誰もやっていないし…と調べることもせず過ごしていました。

stockfoto_63445783_XSそんな私が結婚し専業主婦になり「肌のお手入れ面倒だなぁ…」と思い始めた理由は、仕事している時はいろんな人に見られるからしっかりムダ毛処理しておかないと!と思って頑張っていたのですが、子供も生まれ、特に夫にも体毛を見られることがなくなったある日。

「えっ、いつまで毛剃らなきゃいけないんだろ。しかも年取ってきたら剃ると肌荒れるし…もう剃りたくないな~」と思い始めてきました。

それからしばらくムダ毛の処理をサボりサボり…行っていたある日、いきなり夫から「えっ!?なんか足とか腕とか毛があるね。

ちゃんと剃らなきゃダメだよ~」と言われ…。だって若い頃は剃っても肌荒れしなかったけど今は肌荒れるからさ~(面倒臭いのもある)と伝えたところ、じゃあ脱毛やってみたら?と意外にあっさり言ってくれたので脇だけお安いキャンペーンから始めることにしてみました。

脱毛は、vioラインは痛みが強いです

大人になった今でも親から小言を言われます

最近の私は自己嫌悪になったりすることが多いのですが、主に親に色々言われることでそうなってしまいます。
もういい歳こいた大人ですが、大人になってからも親から小言を言われたりしている人は私の他にもいるのかが気になります。
試しに一人の友達に聞いてみたらたまにあると言っていました。
私はたまにではなく週に何回かあるのでもっと大人としての自覚を持たなくてはならないなと思いました。
私が一番よく言われるのは部屋の片付けが出来ないことです。
片付けをすることに興味がないわけではなく、寧ろかなり関心はあります。
ですが自分で片付けようとすると、どれを何処に収納したらいいのかが分からなくなってしまうのです。
つまり片付けをすることよりも収納のことで悩んでしまうということです。
こんなことで悩むなんてバカみたいなのかも知れませんが、もし私がちゃんと片付けだけでもしっかりするようになれば今程小言を言われるようなこともなくなるのではないかと思っています。